交通事故と労災保険 Q&A

労災保険はどうしたら使えるの?

A 労災指定病院で治療を受ける場合は、病院で労災保険を使いたい旨を申し出て下さい。その後、病院に「療養補償給付(療養給付)たる療養の給付請求書」を提出して下さい。

労災指定病院ではない病院で治療を受ける場合は、治療費はいったん全額支払っておき、病院で「療養補償給付(療養給付)たる療養の費用請求書」に診療内容を記載してもらいます。

そして、この費用請求書に治療費の領収書を添付して、労働基準監督署に提出すれば、数ヶ月後に、支払った治療費全額が振り込まれます。

 

交通事故の場合は、「第三者行為災害届」を労働基準監督署に提出します。 本来、加害者が損害の全てを賠償すべきです。ですので、労災保険が被害者に療養などの給付をした場合、加害者に代わって立て替えたということになります。そこで、労災保険は、その分の金額を加害者に対して返還を求めることになります。「第三者行為災害届」はその手続のために必要になります。

その他の給付についても、労働基準監督署に、所定の書類を提出して請求します。


本当の賠償金額・後遺障害等級を調べる
  • 本当の賠償金額を調べる
  • 本当の後遺障害等級を調べる
解決事例とお客様の声をご紹介します。
  • 解決事例
  • お客様の声

大分県の交通事故被害者様のご相談(無料)を広く承っております。

地図

大分市、別府市、中津市、日田市、佐伯市、臼杵市、津久見市、竹田市、豊後高田市、杵築市、宇佐市、豊後大野市、由布市、国東市、東国東郡 姫島村、速見郡 日出町、玖珠郡 九重町、玖珠町

交通事故に関する示談金・後遺障害等級など、どうぞお気軽にご相談くださいませ。

無料相談のご予約はこちらから 電話無料相談 日曜無料相談 夜間無料相談 出張無料相談
解決事例 お客様の声
交通事故にあわれた直後 現在治療中の方へ 交通事故で使える保険 死亡事故の賠償金について
解決までの流れ 選ばれる理由 料金明瞭 弁護士紹介
交通事故Q&A 用語集

医師面談日記

被害者の方と一緒に医師面談に立ち会います。日々の医師とのやりとりなど綴っていきます。

後遺障害の等級認定に
必要なポイント
医学知識
必要な検査の追加
後遺障害診断書への必要な記載
労災・労働問題のご相談はこちら 債務整理(借金)のご相談はこちら

事務所のご案内

深田法律事務所
〒870-0045
大分県大分市城崎町2-2-19
城崎法務ビル202
事務所案内はこちら
アクセス方法はこちら
TEL:097-533-5517
FAX:097-533-5523
オフィス内の写真
事務所代表,弁護士

深田 茂人

プロフィール
PAGETOP