むち打ち症(むちうち症)

むち打ち症(むちうち症)【読み方: むちうちしょう】

交通事故などによる外部からの衝撃により、頚部がむちを打ったように振られることによって、頚部の筋肉や靱帯などの軟部組織や骨組織が損傷することをむち打ち症と呼んでいます。

むち打ち症は受傷のきっかけとなった動作が症状名となった俗称であり、傷病名ではありません。そのため、診断書には「頸椎捻挫、頚部症候群、頚部挫傷、外傷性頚部症候群」などの傷病名で記載されます。

解決実績とお客様の声をご紹介します。
  • 解決実績
  • お客様の声

大分県の交通事故被害者様のご相談(無料)を広く承っております。

地図

大分市、別府市、中津市、日田市、佐伯市、臼杵市、津久見市、竹田市、豊後高田市、杵築市、宇佐市、豊後大野市、由布市、国東市、東国東郡 姫島村、速見郡 日出町、玖珠郡 九重町、玖珠町

交通事故に関する示談金・後遺障害等級など、どうぞお気軽にご相談くださいませ。