交通事故に遭われた直後

交通事故に遭ったら、次の事を必ずして下さい。

すぐに警察に連絡

警察に連絡しないと、交通事故証明書が発行されず、保険金も支払われない場合があります。
小さい事故の場合、加害者側が警察に連絡せずに内々に示談して済ませましょうと言ってくるケースもあるようですが、きっぱりと断わってください。

警察に怪我の状況をしっかり伝える

体の痛みや怪我の程度について、どんなに小さなものであっても、必ず警察に伝えてください。

こうして「人身事故」扱いにならないと、人身事故扱いでの「交通事故証明書」や「実況見分調書」が作成されません。

交通事故証明書」は、交通事故の発生を証明する書類ですが、これがないと、後になって加害者が自分で交通事故を起こしたことを否定して、損害賠償の支払いに応じないということが考えられます。

実況見分調書」は、事故直後に加害者と被害者から話を聞いて、事故状況を確認し、その内容を書類にまとめたものです。この調書がないと、事故状況が分かる書類がなくなるので、後から加害者が事故の状況を自分に有利なように言い出したときに、加害者の言い分が認められてしまう可能性があります。

そのため、痛みや怪我が少しでもあるときは、それを警察に伝えて、「人身事故」として扱ってもらい、人身事故扱いでの「交通事故証明書」や「実況見分調書」を作成してもらうことが大事です。

警察に事故の状況をしっかり伝える

人身事故扱いの場合、事故現場で実況見分が行われます。

実況見分では、事故の時間、衝突場所、衝突角度、事故時の両車両のスピード、相手の車の存在に気付いた位置、車間距離、天候、道路状況等について、警察から確認されます。

後に加害者に損害賠償請求する際、過失相殺といって、被害者側にも過失があれば、その分の損害賠償額が減らされることがあります。

そして、この過失相殺については、事故直後に作成される実況見分調書によって判断されることが多いのです。

ですから、実況見分調書の内容が正しくないと、それが原因で被害者様が受け取れる交通事故による損害賠償の金額が少なくなってしまう可能性もあります。

そのため、警察の実況見分では、自分で見たまま感じたままをはっきりと警察に伝え、違うことは違うとはっきり言うことが大切です。

保険会社に連絡

ご自身の加入している保険会社に、事故発生を連絡してください。加害者や加害者の保険会社に損害を賠償してもらうだけではなく、実は、ご自身やご家族の加入している自動車保険から保険金を支払ってもらえるケースも多くあります。そのためには、事故後速やかな保険会社への連絡が必要です。

治療

少しでも痛みや不具合を感じる場合は、たとえ忙しくても、すぐに病院に行ってください。

簡単に考えていると大事に至ることもあります。
また、怪我や痛みについては、はじめからお医者さんに話して、診察・診断を受けていないと、交通事故による怪我と扱ってもらえず、このような怪我についての損害賠償を求めることができなくなることもあります。

併せてこちらのページもお役立て下さい。

現在治療中の方へ

後遺障害等級の認定が適正か分からない方へ


解決実績とお客様の声をご紹介します。
  • 解決実績
  • お客様の声

大分県の交通事故被害者様のご相談(無料)を広く承っております。

地図

大分市、別府市、中津市、日田市、佐伯市、臼杵市、津久見市、竹田市、豊後高田市、杵築市、宇佐市、豊後大野市、由布市、国東市、東国東郡 姫島村、速見郡 日出町、玖珠郡 九重町、玖珠町

交通事故に関する示談金・後遺障害等級など、どうぞお気軽にご相談くださいませ。