料金案内

当事務所は、被害者様がより弁護士を利用しやすくなるように、以下のように2つの場合に分けて、料金を設定しております。

よくある質問「弁護士に頼んで損することはないの?」

当事務所の料金

保険会社からの賠償額の提示がすでにありましたか?

示談書にサインする前にご相談ください!(無料)保険会社の提示額が低い理由

相談料 0円 無料  交通事故のご相談では、お金は一切いただきません。

ご依頼される場合の弁護士費用

※相談後、ご依頼するかしないかはご相談者様の全くの自由です。

着手金 0円 無料  交通事故では、ご依頼時に、お金は一切いただきません。
報 酬

*当事務所の後遺障害等級申請や異議申立によって、等級が認定されたり、等級が上がった場合のみ20万円を加算。
この場合、受け取れる賠償額は大幅に増加します

賠償金を現実に獲得した時に、報酬を賠償金の中から差し引かせていただきます(完全後払い)。
消費税は別途お願いします。

弁護士費用特約のない場合でも、出来る限り、加害者側(保険会社)に弁護士費用の支払いを求めることにより(判決までいくことが必要な場合が多いです)、被害者様にご負担の無いようにしています。弁護士費用について、少しでもご不安がある場合は、どのような事でもお気軽にご質問、お問い合わせください。

*交通費、裁判の印紙代など実際にかかる実費分については、被害者様から事前にご承諾を得た上で、賠償金から精算させていただきます。

報酬例1(保険会社からの賠償額の提示がすでにあった場合)※詳しくはここをクリック

ムチウチで後遺障害等級第14級が認定された鈴木さんは、任意保険会社から賠償金100万円の提示を受けました。当事務所で任意保険会社と交渉したところ、賠償金300万円を獲得しました。

賠償額の提示があった場合の弁護士費用は、増額した金額の20%ですので、弁護士費用は以下の通りです。

つまり、弁護士費用特約を利用した場合は、弁護士報酬のご負担がありませんので、依頼者様にお渡しできる金額は300万円、メリット(保険会社提示からの増加額)は、200万円となります。

報酬例2(保険会社からの賠償額の提示がすでにあった場合)※詳しくはここをクリック

ムチウチで後遺障害等級非該当だった田中さんは、任意保険会社からの賠償金の提示前に当事務所に依頼されました。事務所で後遺障害等級について異議申立をしたところ、後遺障害等級第14級が認められました。そして、その結果、任意保険会社から金290万円を獲得しました。

賠償額の提示があった場合の弁護士費用は、増額した金額の20%ですので、弁護士費用は以下の通りです。

つまり、弁護士費用特約を利用した場合は、弁護士報酬のご負担がありませんので、依頼者様にお渡しできる金額は 290万円、メリット(保険会社提示からの増加額)は260万円となります。

報酬例3(保険会社からの賠償額の提示がすでにあった場合)※詳しくはここをクリック

後遺障害等級第11級が認定された山田さんは、任意保険会社から賠償金1400万円の提示を受けました。当事務所で任意保険会社と交渉したところ、賠償金2400万円を獲得しました。

賠償額の提示があった場合の弁護士費用は、増額した金額の20%ですので、弁護士費用は以下の通りです。

つまり、弁護士費用特約を利用した場合は、弁護士報酬のご負担がありませんので、依頼者様にお渡しできる金額は2400万円、メリット(保険会社提示からの増加額)は1000万円となります。

相談料 0円 無料  交通事故のご相談では、お金は一切いただきません。

ご依頼される場合の弁護士費用

※相談後、ご依頼するかしないかはご相談者様の全くの自由です。

着手金 0円 無料  交通事故では、ご依頼時に、お金は一切いただきません。
報 酬

賠償金の10%

*当事務所の後遺障害等級申請や異議申立によって、等級が認定されたり、等級が上がった場合のみ20万円を加算。
この場合、受け取れる賠償額は大幅に増加します

賠償金を現実に獲得した時に、報酬を賠償金の中から差し引かせていただきます(完全後払い)。
消費税は別途お願いします。

弁護士費用特約のない場合でも、できる限り加害者側(保険会社)に弁護士費用の支払いを求めることにより(判決までいくことが必要な場合が多いです)、被害者様にご負担の無いようにしています。
弁護士費用について、少しでもご不安がある場合は、どのような事でもお気軽にご質問、お問い合わせください。

*交通費、裁判の印紙代など実際にかかる実費分については、被害者様から事前にご承諾を得た上で、賠償金から精算させていただきます。

報酬例1(保険会社からの賠償額の提示がまだない場合)※詳しくはここをクリック

ムチウチで後遺障害等級第14級が認定された鈴木さんは、任意保険会社からの賠償金の提示前に当事務所に依頼されました。当事務所で任意保険会社と交渉したところ、賠償金300万円を獲得しました。

賠償額の提示がまだない場合の弁護士費用は、賠償額の10%ですので、弁護士費用は以下の通りです。

つまり、弁護士費用特約を利用した場合は、弁護士報酬のご負担がありませんので、依頼者様にお渡しできる金額は、300万円となります。

報酬例2(保険会社からの賠償額の提示がまだない場合)※詳しくはここをクリック

ムチウチで後遺障害等級非該当だった田中さんは、任意保険会社からの賠償金の提示前に当事務所に依頼されました。事務所で後遺障害等級について異議申立をしたところ、後遺障害等級第14級が認められました。そして、その結果、任意保険会社から金290万円を獲得しました。

賠償額の提示がまだない場合の弁護士費用は、賠償額の10%ですので、弁護士費用は以下の通りです。

つまり、弁護士費用特約を利用した場合は、弁護士報酬のご負担がありませんので、依頼者様にお渡しできる金額は、290万円となります。

報酬例3(保険会社からの賠償額の提示がまだない場合)※詳しくはここをクリック

後遺障害等級第11級が認定された鈴木さんは、任意保険会社からの賠償金の提示前に当事務所に依頼されました。当事務所で任意保険会社と交渉したところ、賠償金2400万円を獲得しました。

賠償額の提示がまだない場合の弁護士費用は、賠償額の10%ですので、弁護士費用は以下の通りです。

つまり、弁護士費用特約を利用した場合は、弁護士報酬のご負担がありませんので、依頼者様にお渡しできる金額は、2400万円となります。

弁護士費用が保険でまかなわれる場合があります!

~自動車保険に弁護士費用特約が付いている場合~

ぜひ、ご本人様やご家族の方が加入している自動車保険や損害保険をご確認ください。
弁護士費用特約が付いている場合は、保険の限度額まで保険会社が弁護士費用を支払ってくれます。そして、保険の限度額を超える分は加害者側保険会社から回収することも可能です。
その回収ができない場合、当事務所では保険の限度額を超える弁護士費用は頂いておりません。つまり、弁護士費用特約に加入されている場合、当事務所では、弁護士費用の負担は一切ありません。
弁護士費用特約が付いている場合の弁護士費用は、日本弁護士連合会リーガル・アクセス・センターの基準によります。
弁護士費用特約が付いているかについてもご相談できますので、ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

弁護士費用特約を使用しても、自動車保険の等級は下がりません(つまり、保険料が高くなることはありません)。

~弁護士費用特約が使える方の例~

弁護士費用特約の付いている保険証券の「記名被保険者欄」に名前が記載されている方(=記名被保険者)と以下の間柄にある方は、弁護士費用特約が利用できます。(保険会社により多少異なる場合があります)

他にも、以下の場合、弁護士費用特約が利用できる場合があります。



併せてこちらのページもお役立て下さい。

3つの約束

相談から解決までの流れ


本当の賠償金額・後遺障害等級を調べる
  • 本当の賠償金額を調べる
  • 本当の後遺障害等級を調べる
解決事例とお客様の声をご紹介します。
  • 解決事例
  • お客様の声

大分県の交通事故被害者様のご相談(無料)を広く承っております。

地図

大分市、別府市、中津市、日田市、佐伯市、臼杵市、津久見市、竹田市、豊後高田市、杵築市、宇佐市、豊後大野市、由布市、国東市、東国東郡 姫島村、速見郡 日出町、玖珠郡 九重町、玖珠町

交通事故に関する示談金・後遺障害等級など、どうぞお気軽にご相談くださいませ。

無料相談のご予約はこちらから 電話無料相談 日曜無料相談 夜間無料相談 出張無料相談
解決事例 お客様の声
交通事故にあわれた直後 現在治療中の方へ 交通事故で使える保険 死亡事故の賠償金について
解決までの流れ 選ばれる理由 料金明瞭 弁護士紹介
交通事故Q&A 用語集

医師面談日記

被害者の方と一緒に医師面談に立ち会います。日々の医師とのやりとりなど綴っていきます。

後遺障害の等級認定に
必要なポイント
医学知識
必要な検査の追加
後遺障害診断書への必要な記載
労災・労働問題のご相談はこちら 債務整理(借金)のご相談はこちら

事務所のご案内

深田法律事務所
〒870-0045
大分県大分市城崎町2-2-19
城崎法務ビル202
事務所案内はこちら
アクセス方法はこちら
TEL:097-533-5517
FAX:097-533-5523
オフィス内の写真
事務所代表,弁護士

深田 茂人

プロフィール
PAGETOP