症状固定

症状固定【読み方: しょうじょうこてい】

交通事故にあうと、被害者はまずけがの治療を受けます。けがは少しずつ回復していきますが、ある時期を境に、症状の緩解と増悪を繰り返すようになります。このように、同じような治療を続けてもこれ以上治ることがない状態の時点を症状固定といいます。 症状固定は、治らないことを損害として評価できる時点でもあります。 症状固定は治療を受けても症状の回復が見込めない状態のことなので、症状固定以後は原則として治療費や通院費の請求はできなくなります。 また、傷害の治療のために休業した損害を請求する休業損害も発生しなくなります。その代わり、症状固定後に残存してしまった後遺障害によって失われてしまった利益「逸失利益」を請求できます。 入通院慰謝料も症状固定日から後は発生しなくなり、その代わりに後遺障害に関する慰謝料「後遺障害慰謝料」を請求できます。 この逸失利益と後遺障害慰謝料は、症状固定時に残存した症状を後遺障害として認めてもらわないと発生しません。 このように、症状固定により、具体的にどのような損害賠償を請求できるかが決まってきますので、示談交渉を始める目安になります。
本当の賠償金額・後遺障害等級を調べる
  • 本当の賠償金額を調べる
  • 本当の後遺障害等級を調べる
解決事例とお客様の声をご紹介します。
  • 解決事例
  • お客様の声

大分県の交通事故被害者様のご相談(無料)を広く承っております。

地図

大分市、別府市、中津市、日田市、佐伯市、臼杵市、津久見市、竹田市、豊後高田市、杵築市、宇佐市、豊後大野市、由布市、国東市、東国東郡 姫島村、速見郡 日出町、玖珠郡 九重町、玖珠町

交通事故に関する示談金・後遺障害等級など、どうぞお気軽にご相談くださいませ。

用語集

50音順
アルファベット順
無料相談のご予約はこちらから 電話無料相談 日曜無料相談 夜間無料相談 出張無料相談
解決事例 お客様の声
交通事故にあわれた直後 現在治療中の方へ 交通事故で使える保険 死亡事故の賠償金について
解決までの流れ 選ばれる理由 料金明瞭 弁護士紹介
交通事故Q&A 用語集

医師面談日記

被害者の方と一緒に医師面談に立ち会います。日々の医師とのやりとりなど綴っていきます。

後遺障害の等級認定に
必要なポイント
医学知識
必要な検査の追加
後遺障害診断書への必要な記載

事務所のご案内

深田法律事務所
〒870-0045
大分県大分市城崎町2-2-19
城崎法務ビル202
事務所案内はこちら
アクセス方法はこちら
TEL:097-533-5517
FAX:097-533-5523
オフィス内の写真
事務所代表,弁護士

深田 茂人

プロフィール
QRコード /s/
PAGETOP