【上腕神経叢麻痺】後遺障害6級が認定され、賠償金7271万円を獲得した事例

ご相談者:30代男性(大分市在住)
事故現場:大分県臼杵市
事故態様:通勤中に原付で交差点に入ったとき、一時停止規制を無視した車と衝突した。
ケガの内容:上腕神経叢麻痺、顔面多発骨折、肋骨多発骨折、血気胸、鎖骨骨折
認定された後遺障害等級:6級
ご依頼後の解決額:7271万2008円

ご相談内容

事故で右肩の辺りの神経が切れてしまい、神経を縫合するなどの手術をしたのですが、腕が十分に上がりません。

年金事務所での障害年金の申請の方法もよくわかりませんし、今後の保険会社とのやりとりにも不安があります。

解決内容

まずは、当事務所の弁護士が代理して、年金事務所で障害基礎年金と障害厚生年金の申請をしました(これにより、保険会社からの賠償金とは別にこれらの年金が支給されるようになりました)。

ご相談者は、右上腕神経叢麻痺(みぎ じょうわん しんけいそう まひ)の診断を受けていました。
首から腕や手には多くの神経が走っているのですが、首から肩に向かう神経が切れてしまったために、腕や手が動かなくなってしまう状態をいいます。

神経縫合の手術などを受け、少し腕や手が動くまで回復されましたが、十分に動くまでには至りませんでした。

当事務所の弁護士は、主治医に医師面談をし、後遺障害診断書に必要な記載事項などを説明しました。

その後、通勤中の事故でしたので、労災の障害年金の申請をしました(これにより、労災の年金も、保険会社からの賠償金とは別に支給されるようになりました)。

さらに、カルテなどの医療記録を精査して必要書類を整え、自賠責保険会社に後遺障害等級の申請をしました(被害者請求といいます)
その結果、6級が認定され、自賠責保険会社から1296万円が支払われました。

そして、任意保険会社と交渉するか裁判するかをご本人様と打ち合わせをし、裁判をすることになりました。

この件では、後遺症のために稼ぎにくくなったお金(後遺障害逸失利益 こういしょうがい いっしつりえき)の金額が最も大きく、裁判でも激しく争われました。

ご本人様には、事故前に失業期間があったため、その分だけ賃金が低くなっていました。保険会社は、その低い賃金をもとに計算をするべきと主張しました。

当事務所の弁護士は、後遺障害逸失利益が、過去の賃金ではなく、将来の賃金についてのものであることを前提に、ご本人様が保有していた各種の資格を証拠として提出し、それらの資格も考慮した将来の賃金によって計算するべきと主張しました。

その結果、過去の失業は考慮されず、男性の平均賃金をもとにして計算してもらうことができました。

判決では、相手方に5975万2008円の支払いが命じられました。

この金額が任意保険会社から支払われ、裁判前に自賠責保険会社から支払われた1296万円と合わせると、合計7271万2008円の賠償金が支払われたことになります。

*この7271万2008円の賠償金とは別に、治療費、上記の障害基礎年金・障害厚生年金、労災の障害年金も支払われています。

【上腕骨の骨折】ご依頼者の希望で早期解決した事例(638万円から1097万円に増額)

【半月板損傷】医学文献で裁判官を説得し、14級から12級に上がった事例

【耳鳴り】保険会社提示額257万円から959万円に増額した事例

【めまい】保険会社の提示額272万円から1023万円に増額した事例

【じん帯損傷】人身傷害補償保険金が541万円から2倍の1102万円に増額した事例

この記事を書いた人
深田茂人
深田法律事務所 代表・交通事故専門弁護士
深田 茂人(ふかだ しげと)
平成17年弁護士登録。平成19年に大分市城崎町に深田法律事務所開設。 これまでに900件以上の交通事故相談、400件以上の依頼を担当しており、特に適正な後遺障害等級の認定が得られるよう注力しています。
【主な職歴・所属】
・大分県弁護士会副会長(平成26~27年度)
・大分県労働委員会会長(令和2年~現在)
・日弁連交通事故相談センター委員
・日本交通法学会会員
・日本賠償科学会会員
解決実績とお客様の声をご紹介します。
  • 解決実績
  • お客様の声

大分県の交通事故被害者様のご相談(無料)を広く承っております。

地図

大分市、別府市、中津市、日田市、佐伯市、臼杵市、津久見市、竹田市、豊後高田市、杵築市、宇佐市、豊後大野市、由布市、国東市、東国東郡 姫島村、速見郡 日出町、玖珠郡 九重町、玖珠町

交通事故に関する示談金・後遺障害等級など、どうぞお気軽にご相談くださいませ。

交通事故お役立ち手帳