【背骨の変形】後遺障害11級が認定され、賠償金2031万円を獲得した事例

相談者:50代の女性(大分県日田市)
事故現場:大分県日田市
交通事故の態様:信号機のない横断歩道を自転車で走行中に車と衝突
ケガの内容:第12胸椎圧迫骨折
認定された後遺障害等級:11級
解決した金額:2031万円

ご相談内容

労災やら自動車保険やらが関係して何がなんだか分かりません。保険会社も「どうなった?」と聞いてくるような感じで、自分で全部やらないといけないのがストレスです。手術をした医師が「後遺症は残らない」と言ってくるのですが、痛みが治まりません。

解決内容

ご依頼を受け、当事務所の弁護士が、労災の申請手続を代行し、保険会社とのやりとりも代わりに行いました

さらに、手術を担当した医師に面談しました。
ご本人様が痛みを訴えていることと、背骨(胸椎)の圧迫骨折なので後遺障害等級の認定が見込めることを説明し、後遺障害診断書を作成してもらいました。

その後遺障害診断書をもとに等級申請した結果、11級が認定され、加害者側の自賠責保険会社から331万円が支払われました。

その後、保険会社と交渉しました。
しかし、治療終了時にはご本人様が定年退職となっていたことを理由に、後遺症が仕事に影響して稼ぎにくくなったお金(後遺症逸失利益 こういしょういっしつりえき)を支払う必要はないと主張しました。

そこで、ご本人様と打ち合わせをし、裁判をすることになりました。

裁判では、勤め先の資料を取り寄せて証拠提出し、再任用の蓋然性が高いことについて、裁判所を説得しました。

その結果、再任用分の後遺症逸失利益が認められ、加害者側(の任意保険会社)が1700万円を支払う内容の和解が成立しました。

裁判前の自賠責保険からの331万円と合わせると、合計2031万円の賠償金がご本人様に支払われました。

*上記賠償金とは別に、治療費が病院に直接支払われています。

【太もも・すね・足の骨折】後遺障害等級が14級から12級に上がり、賠償金が483万円から1662万円(3.4倍)に増額した事例

【股関節の脱臼骨折】人工関節に対する評価を正し、保険会社提示額の1258万円(後遺障害10級)から3940万円(9級)に上がった事例

【足首の骨折】等級が非該当から12級に上がり、保険会社提示額の100万円から1474万円の14.7倍に増額した事例

【上腕骨の骨折】ご依頼者の希望で早期解決した事例(638万円から1097万円に増額)

【肩甲骨の骨折】医師と損保料率機構に骨癒合不全を指摘して、12級から11級に上がった事例

【背骨の骨折】後遺障害8級が認定され、賠償金が955万円から2909万円に増額した事例

【背骨の骨折】裁判により夫婦で合計4874万円の支払いが得られた事例

【半月板損傷】医学文献で裁判官を説得し、14級から12級に上がった事例

【上腕神経叢麻痺】後遺障害6級が認定され、賠償金7271万円を獲得した事例

【じん帯損傷】人身傷害補償保険金が541万円から2倍の1102万円に増額した事例

この記事を書いた人
深田茂人
深田法律事務所 代表・交通事故専門弁護士
深田 茂人(ふかだ しげと)
平成17年弁護士登録。平成19年に大分市城崎町に深田法律事務所開設。 これまでに900件以上の交通事故相談、400件以上の依頼を担当しており、特に適正な後遺障害等級の認定が得られるよう注力しています。
【主な職歴・所属】
・大分県弁護士会副会長(平成26~27年度)
・大分県労働委員会会長(令和2年~現在)
・日弁連交通事故相談センター委員
・日本交通法学会会員
・日本賠償科学会会員
解決実績とお客様の声をご紹介します。
  • 解決実績
  • お客様の声

大分県の交通事故被害者様のご相談(無料)を広く承っております。

地図

大分市、別府市、中津市、日田市、佐伯市、臼杵市、津久見市、竹田市、豊後高田市、杵築市、宇佐市、豊後大野市、由布市、国東市、東国東郡 姫島村、速見郡 日出町、玖珠郡 九重町、玖珠町

交通事故に関する示談金・後遺障害等級など、どうぞお気軽にご相談くださいませ。

交通事故お役立ち手帳